FC2ブログ

タグ:メルLABO評判

メルLABO評判のタグが付いた記事一覧。

ウソではない商材
はいどーも! ヤナギダです!今日の記事は、こちら!東たかのり メルLABO(メルラボ)3時間実践無料プログラムとは?特定商取引法表示販売業者 東たかのり所在地 〒556-0023大阪府大阪市浪速区稲荷1-12-29電話番号 07056606351Eメールアドレス info@x-resale.com表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。前回、東たかのり氏は、メル0ー...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

東たかのり メルLABOセミナー 30日以内に必ず10万達成?全て無料提供の謎!

はいどーも! ヤナギダです!



今日の記事は、こちら!

東たかのり メルLABO(メルラボ)3時間実践無料プログラムとは?




特定商取引法表示

販売業者 東たかのり
所在地 〒556-0023
大阪府大阪市浪速区稲荷1-12-29
電話番号 07056606351
Eメールアドレス info@x-resale.com
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。





前回、東たかのり氏は、

メル0ート転売セミナーというセミナーを行っていて

当ブログでも記事にいたしました。
【セミナー潜入】東たかのり メル0ート転売セミナー!その全貌が明らかに!


セミナーの最後にスクールの案内がありました。

ちなみに料金は、

【スクールの料金】
月々29800円(13か月目以降、2980円)


【セミナー当日申し込み限定】
月々19800円(13か月目以降、2980円)





スクール自体も、良く考えられていた内容でしたが

今回は、どういった内容になるんでしょうか?




オファーの画像を見ても分かるように

今回もメルカリを利用した転売という内容でしょう。



しかし、前回のオファーから今日までの間に

だいぶ、業界に変化があって

メルカリで転売といっても以前よりも

簡単にいかなくっているんです!




もともと、このメルカリがここまで成長したのには、理由があって

一般のユーザー達が、スマホ一台で

手軽に自分の私物をネットで売買できる。

そんな、手軽なフリーマーケット市場が

今の時勢にマッチしたことで

爆発的に成長したんです。




しかし、そんなメルカリに

業者や転売ヤーが、どんどん流れ込み

商品の大量出品で、

どんどん一般のユーザーの商品が埋もれていったわけです。




そうなれば、出品しても購入層の目に付かないですし

当然、売れにくくなりますよね。






なので、メルカリ運営陣は

本来のターゲットである一般ユーザーの

メルカリ離れを懸念して大幅な仕様変更が行われたんです。





このメルカリの仕様変更なんですが

どういったものかというと…






そもそも業者や、転売ヤーの大量出品の裏には、

メルカリ出品ツールの存在があるんですが、

その出品ツールが規制されました。




簡単に言うと、複数あった出品ツールが

一斉に使用できなくなったようなんです。




しかし、一部のツールは、

こういったメルカリのシステム的な規制を

どうにかかいくぐって使用できるように改良したようですが



そういった、ツールの改良手段を

想定していたかのように

メルカリでは、さらに規制をかけてたんですね~。



もともと。1日50個程度以上の出品を行うと

アカウント停止などの規制は在りましたが

さらに、10個~15個程度の連続出品をすると

新着ページに商品が表示されなくなる。


そんな規制がかけられているようなんです。


しかも、このような規制がかかると、1週間程度は

続くらしく、日付がかわったらリセットされるような

甘い規制ではないので


出品にも細心の注意が必要となります。




こうなると、1日に大量出品とはいかなくなるので

アカウントの複数使い分けや

商品単価を上げるなどの工夫も必要となってきますね。




こういった状況の中でのオファーという事なので

中身がきになりますね。




セールスページでは、




こんな感じで説明されています。



どういったことかというと、

01.リサーチ作業は一切不要

1から商品を選定して、実際に出品して売れる商品を判断する

こういった作業一番大変です。

世の中には、無数に品物があるわけですから、そこからの選定なんて

気が遠くなる作業です。

しかし、これは、精鋭リサーチ部隊が代行してくれるようです。

これは、非常に助かりますね。





02.ツールで簡単出品

先ほども書きましたが、問題のツールですね。

このツールも規制をかいくぐったツールの一つでしょう。

もちろん、かいくぐったといっても、出品数量は、

守らないといけませんが

手動で1品づつ出品するより

そうとうな時間短縮になります。


03.配送作業は、自社工場へ全て丸投げ

要は、無在庫転売ということです。


これ中国商品転売では、非常にメジャーな手法です。


しかし、メルカリでは、出品者と購入者の間で

トラブルがないように、無在庫転売を禁止してます。


購入したけど、在庫がない。送られて来ない。

こんなトラブルは、避けたいわけです。


なので、無在庫転売がバレないようにしないといけないので

転売する商品の他に、

実際の所有物なども出品して

カモフラージュしないといけません。


メルカリで稼ぐのにも随分、

ハードルが上がったように思います。




04.オリジナル商品で独占販売

現存している商品に、

パッケージを買えたり、ロゴマークを追加したりして

オリジナル商品として、市場に出す。

いわゆるOEMってものでしょう。

これも中国商品転売などでは、メジャーでこういった業者は

結構存在してます。


しかし、オリジナルのパッケージやらロゴやらが

良い意味で差別化に繋がればいいですが

『このロゴ好きじゃない』など

ユーザーから逆に敬遠されては、本末転倒です。


しっかりとしたサポートが必要でしょう。




前回のように、セミナーでは、

スクールの案内があるのは、間違いないですが

以前よりも、メルカリ転売のハードルが上がった

この状況を突き進むには、考えられた内容だと思います。




考えられた内容といっても

簡単に楽して稼げるなんて事は、皆無ですので

身を粉にして、作業する覚悟のある方は、

先に進まれても良いかもしれませんね。





もし、困っていることがあれば、
ヤナギダへ相談下さい。

ご連絡は、メールフォームから
お願いいたします。




スポンサーサイト
Copyright © 稼ナビ!!ネット副業で最良のものを探し続けます。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。